テレビ番組、「カンブリア宮殿」

みなさんはカンブリア宮殿というテレビ番組をご存知でしょうか。

nowprinting

カンブリア宮殿は「ニュースが伝えない日本経済」を視聴者に提供する番組で、地球の進化の歴史の中での生命の爆発期であるカンブリア期を現代社会になぞらえて、その現代の平成カンブリア期を生きる経済人を迎えたトークショウです。
濃密な内容と確かなゲストのトークによって人気を博しているこの番組には幾つかの人気の放送回があります。

そのうちの一つが、ソフトバンクの名社長、孫正義氏をゲストに迎えた回ではないでしょうか。
この回はカンブリア宮殿の放送400回記念の回でもあり、孫正義氏はその記念すべき回にふさわしいビジネストークと独自の経営理念を披露してくれました。
その圧倒的な存在感は見るものをうなずかせる説得力に満ち溢れており、ソフトバンクを急成長させた孫正義氏のカリスマ性と先見性をわたしたちに見せてくれました。
この孫正義氏をゲストに迎えた人気の放送回は、ソフトバンクの名社長の人としての姿も垣間見ることができ、ソフトバンクが予見しているスマートフォン産業の次の世代の産業などの、夢のある未来を提示してくれました。

こうしたカンブリア宮殿の人気の放送回は、孫氏の出演した回だけでなく、数多くのバックナンバーの中に眠っています。
この番組に出演する経済人は、それぞれの硬い意思と理念を持っているので、自分の求めるこたえが、もしかしたら多くの経済人によって探究されているかもしれません。