カンブリア宮殿を見逃してしまった…

いつも観ていたカンブリア宮殿をうっかり見逃してしまった、そんな方は少なくありません。
特に注目していた回などを見逃した場合は落ち込まれる方も多いです。

事前に録画予約などをされていれば見逃した番組も観る事が可能です。
しかし録画予約を忘れてしまっていた場合には、それも叶いません。

そんな時見逃したカンブリア宮殿を観る為にはどうしたらいいのか悩まれる方も多いでしょう。
そのような場合にはカンブリア宮殿の再放送をチェックしましょう。
カンブリア宮殿は見逃された方の為に再放送をおこなっているのです。
BSジャパンで再放送をおこなっていますので見逃された方はBSジャパンをチェックされるといいでしょう。

しかしBSの番組が観れないという方も当然いらっしゃいます。
そんな方はどうすればいいのか、実はカンブリア宮殿はBSだけでなくオンデマンド動画配信もおこなっているのです。

BSが観られない方やテレビを観る事ができない方はテレビ東京がおこなっているカンブリア宮殿のオンデマンド動画配信を利用されるといいでしょう。
オンデマンド動画配信であればスマートフォンから気軽にカンブリア宮殿を楽しむ事が可能です。
残業などでリアルタイムに観る事ができない方や、外出先で視聴したいという方に非常におすすめのサービスといえます。

またオンデマンド動画配信は再放送と違い自分の空いた時間で視聴する事が可能な為、忙しい方でも安心して視聴する事が可能です。

コメダ珈琲の成功の鍵

カンブリア宮殿で放送された中で人気の放送回は色々とありますが、その人気の放送回のひとつがコメダ珈琲店です。

コメダ珈琲店は、昔ながらの喫茶店スタイルで、急拡大している喫茶店チェーンです。
もともと名古屋生まれであるコメダ珈琲店の人気メニューは、焼きたてのデニッシュの上にソフトクリームがのったシロノワールなどです。

555a01e241035579faf501a2e5173d88634b6899

現在は名古屋だけでなく、全国展開をしている人気チェーンです。

回転率を求めるセルフ型チェーンとは全く逆の昔ながらの喫茶店チェーンが、なぜ急拡大したのか、その喫茶ビジネスについてなどがカンブリア宮殿では放送されました。

店内には新聞や雑誌がたくさん置かれてありますし、ソファも長く坐っても疲れにくい特注品です。
そのため、常連客がとても長居をする喫茶店なのです。
常連客が多い理由には居心地の良さもありますが、お得感もあります。朝、モーニングサービスがあるのは当然ですが、コーヒーを頼むだけでトーストとゆで卵が無料でついてきます。

しかし、この低い回転率では利益があがりにくいはずなのに、客の滞在時間が平均1時間以上であっても店の営業利益はとても高いのです。
その理由は、出来るだけ少ない種類の材料で色々なメニューをつくることが出来るように、工夫をしていることや、人手をかけないで食事の準備をすることが出来るようにしている事にあります。

このようなコメダ珈琲店のビジネス戦術がカンブリア宮殿で紹介され、人気の放送回となったのです。

また、近いうちにコメダ珈琲上場という情報があります。
これだけ売上急上昇のコーヒーショップなのでIPOが手に入ったら相当熱いと思われます。
カンブリア宮殿を見ることで、上場しそうな企業にも目を付けておくことも出来ます。
投資をされている方にはいい情報番組ではないでしょうか。

スターバックスの成功の道

カンブリア宮殿はテレビ東京系列で放送されているトーク・ドキュメンタリー番組で、正式な番組名を「日経スペシャル カンブリア宮殿 〜村上龍の経済トークライブ〜」と言います。
この番組は2014年の7月に放送400回を迎えた人気番組で、その放送の中にはいくつもの記憶に残る人気の放送回があります。

そのカンブリア宮殿の歴史の中でも特に人気の放送回として挙げられるのが、2012年4月12日に放送された、スターバックス会長兼CEOであるハワード・シュルツ氏をゲストに迎えた回で、その時のサブタイトルは「貧しい家庭に育った男は、コーヒーで世界を制した!世界企業・スターバックスの真相」です。

starbuckscoffee-300x240

スターバックスは日本に1995年に上陸して以来、現在では各地に多くの支店を持つ世界的なコーヒーチェーン店で、深煎りコーヒーがその大きな特徴となっています。

今でこそ店舗数が900店舗以上、売上はおよそ1000億円という巨大企業となったスターバックスですが、元々はアメリカのシアトルの小さなコーヒー豆の専門店に過ぎませんでした。
そのスターバックスを深煎りコーヒーを武器として一代でトップ企業へと大成長させたシュルツ氏は、1953年に退役軍人を父に持つ貧しい家庭に生まれました。
成人してから雑貨会社の副社長などを経て1982年にスターバックスに入社、さらに独立してエスプレッソ小売店を創業した後、1987年にスターバックス社を買収し、成功の道を進んだのです。

そんな彼の「成長と成功はミスを覆い隠す」という名言と共に、この回は人気の放送回として多くの人の心に残っています。

様々な成功方法

社会人として働く多くの人々は、たとえ入社一年目の新入社員でもベテランの企業人であっても組織の一員として仕事をしている限り、心から尊敬できる理想的な経営者というものに一度はあこがれたことがあることでしょう。

カンブリア宮殿は、日本の経済や金融などの社会的背景に切り込んだ作品を発表する村上龍が、全国の魅力的で敏腕な経営者の経営哲学や経営者の人間都市の魅力などを独自の視点によって引き出す人気のトーク番組です。

カンブリア宮殿にはこれまでに誰も行わなかったようなユニークで独自の視点を持つ戦略で日本経済に大きな影響を与えた経営者が数多く出演してきました。
こうした多彩なゲストを迎え、スタジオで繰り広げられるゲストとのトークによって番組を見た働くすべての人々が元気になれるのが魅力です。

画一的ではなく、様々な個性を持った人々が出現し、経済の大変革が起きている今現在の日本の状況が多種多様な生物が地球上に出現したカンブリア紀に似ている・・・ということから名づけられたとも言われています。
カンブリア宮殿を通して、ビジネスで成功した経営者たちの戦略や方法論を、その人にしかできなことや普遍的なこととして紹介します。

カンブリア宮殿に出演する経営者の多くは、世の中に対してポジティブで明るく、偉そうにする人はまずいません。
ごくわずかの従業員にもかかわらず世界的に注目を浴びる開発を行う会社の経営者など、番組を見ている人々を元気にする魅力にあふれています。

カンブリア宮殿を見ていると、自分もなにか出来るのでは?という気になってきて、とてもいい自己啓発になります。
私はそれで、現状の自分に満足していてはいけないと思い投資を始めました。
IPOというリスクの少ないものですが、当たれば大勝できます。
最近、日産センチュリー証券上場の噂が入ってきたので注目しています。

成功の鍵

カンブリア宮殿はテレビ東京系列で放送されている、テレビ番組のことで毎回日本経済を支える、政財界人などをスタジオに招いてホストである小説家の村上龍と対談をするという形式になっている番組です。
カンブリア宮殿ではトークだけでなく、その回のゲストがどのような成功を収めたかという紹介映像を見ることができ、また成功までの道のりであったり挫折などを知ることができます。

カンブリア宮殿に登場するゲストというのはどれも、各業界の分野で一時代を築いた人達ばかりですからそのサクセスストーリーを眺めているだけでも、非常に勉強になるという特徴のある番組です。
それまでの経歴などを簡単に紹介映像で知ることができ、また直接本人の口から考えなどを聞くことができるため、一流の政財界人たちはどのようなことを考え、どのような行動をとっているのかということを知ることができます。

政財界人によって成功までの道のりや方法といったものは様々なものがあり、成功の手順というものは人によって大きく変わるものであって、ひとつの道のりだけではないということを勉強することができるのです。

また、偉人と言われるような人であっても多くの場合地味な努力の積み重ねをしてきた結果、その地位につくことができた人ばかりであるため、成功をおさめるための努力の重要性というものに気づかせてくれる番組になっています。
カンブリア宮殿はこのように成功者の話を聞くことで、成功をするための重要な事を考えさせてくれるいい機会を与えてくれます。

好奇心や努力は必ず成功への近道になることでしょう。
わたしも新しいことを始めようと思って、「新規公開株を買いたい人が読むサイト」で勉強中です。

テレビ番組、「カンブリア宮殿」

みなさんはカンブリア宮殿というテレビ番組をご存知でしょうか。

nowprinting

カンブリア宮殿は「ニュースが伝えない日本経済」を視聴者に提供する番組で、地球の進化の歴史の中での生命の爆発期であるカンブリア期を現代社会になぞらえて、その現代の平成カンブリア期を生きる経済人を迎えたトークショウです。
濃密な内容と確かなゲストのトークによって人気を博しているこの番組には幾つかの人気の放送回があります。

そのうちの一つが、ソフトバンクの名社長、孫正義氏をゲストに迎えた回ではないでしょうか。
この回はカンブリア宮殿の放送400回記念の回でもあり、孫正義氏はその記念すべき回にふさわしいビジネストークと独自の経営理念を披露してくれました。
その圧倒的な存在感は見るものをうなずかせる説得力に満ち溢れており、ソフトバンクを急成長させた孫正義氏のカリスマ性と先見性をわたしたちに見せてくれました。
この孫正義氏をゲストに迎えた人気の放送回は、ソフトバンクの名社長の人としての姿も垣間見ることができ、ソフトバンクが予見しているスマートフォン産業の次の世代の産業などの、夢のある未来を提示してくれました。

こうしたカンブリア宮殿の人気の放送回は、孫氏の出演した回だけでなく、数多くのバックナンバーの中に眠っています。
この番組に出演する経済人は、それぞれの硬い意思と理念を持っているので、自分の求めるこたえが、もしかしたら多くの経済人によって探究されているかもしれません。